【年収給料】ニコ生チャンネルを持っていた横山緑の収益収入を予測してそこから配信者はどれくらい月収があるのか考える【議員】

スポンサーリンク


ニコ生ユーザーやリスナーであれば、一度は耳にしたことがあるチャンネル放送。

ある生主がチャンネル放送を持っており、その生主が好きで放送を全て観たい、余すこと無く観たいというリスナーはそのチャンネルに入会し、毎月、定額を課金するというシステムです。

2013年12月まではチャンネル放送は企業や有名人だけの物でしたが、同年の12月9日から個人ユーザーにもチャンネル枠を開放しました。

第1弾は誰が取るのか、誰が通過するのかで、話題になりました。

この時は約43000人が参加を希望しましたが、チャンネル取得できたのは17名でした。

一部のユーザーの間では、力也という生主がチャンネル放送を獲得し、それはそれで話題になりました。

その後の第2弾で、百花繚乱やオロナインと同じく、暗黒放送の横山緑が暗黒黙示録というチャンネルを獲得しました。

その後のエントリー制では、有名な女性配信者達もチャンネルを獲得しましたし、2021年現在は、ほぼ女性配信者とそのコアなファンの為のようなものとなっているのがニコ生チャンネルの現状です。

チャンネル放送収益の構造やシステム

ニコニコ大百科には、チャンネルを持っている配信者の収益は、ユーザーが課金した税込金額からまず最初に、事務手数料の14%とこれに対する消費税8%が引かれた額の83%が自身の利益と書かれており、約31%引かれると書かれています。

普通に考えれば…

事務手数料(14%)とこれに対する消費税(8%)の合計である約15%だけで31%になりません。(※この合計15%はチャンネル登録料からみての15%です。)

となれば、そこに約16%の誤差があるのですが、この16%はおそらく、ンゴとかニコニコのロイヤリティとか仲介手数料なのではないか?と筆者は予測しています。

なので…

チャンネル登録料が540円(税込)の場合、

540円(税込)約81円(税込の事務手数料の15%)約86円(ドワンドorニコニコ生放送が中で抜く16%)373がチャンネルを持っている配信者の利益になります。



上記では軽く計算をしましたが、結果的にいくらチャンネル所有者の身になるか?と聞かれれば、540円の課金額の場合373円、1080円の場合746円が振り込まれる金額となります。

ユーザーが課金した金額(税込)から鑑みれば、トータルで約31%が抜かれて、実際の所は83%利益ではなく、約69%がチャンネル放送の取り分や利益となっているわけです。

仲介手数料・ロイヤリティの割合は中抜き市場では高い

余談ですが・・・双方が納得しているので、外野がやーやー言うのも大きなお世話なのは重々承知していますが、約31%も抜かれるというのは、少々えげつない気もします。

おそらくですが、こういうピンハネとか中抜きといわれる商売の平均的な割合は約15%~25%くらいで、31%というのは中々に痺れる割合です。

また、ロイヤリティーとか仲介手数料を公にしたくない・出来ないというのはビジネスの側面から考えれば十分理解できるのですが、このニコニコチャンネルの収益分配比率の説明は、ちょっと分かりにくいような気がします。

横山緑のチャンネルでの月の収益は?


さてここから本題に入ります。

暗黒黙示録のチャンネル課金金額は月額1000円(税込1080円)です。

上記の計算で行けば、チャンネル会員一人あたりの収益が746となります。

(1080円×0.69%=約746円)

この746円に会員数をかければ、チャンネルの月の収益となります。

さて肝心のその会員数の数字ですが・・・

直近(2017年9月)の放送で幸か不幸か、とある配信者が暗黒黙示録の8月中旬頃に会員数を発表しまして、その数字が319人でした。

この会員数が本当に正しいのであれば…

一人あたりの収益746円×会員数319人=約237,974円となり、暗黒黙示録チャンネルの収益は約237,974円となります。


多くの配信者のチャンネル登録者数はコミュニティ登録者数の1%~3%

さて、上記では横山緑のチャンネルでの収益を予想しました。

横山緑の場合は、会員数が分かったので、正確(だと思っている)な金額が分かったのですが、チャンネルを持っているのは、彼だけではありません。

ごまんとチャンネルを持っている配信者がいます。

こういう配信者達は、普通に脇が硬いので、チャンネル登録者数が公になることはないですが、それでも大凡のチャンネル登録者数を予想することは出来ます。

チャンネル登録者数はそのチャンネルを持っている配信者の元々のコミュニティの総登録者数の約1%~3%がチャンネル登録者数です。

何故、約1%~3%がチャンネル登録者数なのか?というのが気になる方はこちらの記事を読んで貰えればわかります。

なので、もし仮に自分が好きな配信者や多くのニコ生主がチャンネルだけでいくら稼いでいるのかが気になった時、チャンネル放送の収益や構造やシステムを理解し、コミュニティの総登録者数の1%~3%の人数を引き出せば、大凡の金額が分かるのではないでしょうか?

それでは!