【2020年最新】アマゾン楽天送料は高い?安い?送料無料になり買うべきものと注意点

スポンサーリンク

今やAmazonや楽天などに代表されるようなECショップ通販サイトを駆使し、ネットで買い物するのが当たり前の時代になりました。

特に若い人や忙しい人程、欲しい品物をネットで購入していることでしょう。

多くの人は特定の条件を満たせば、アマゾン配送配達の送料無料で送料の支払いなく商品が購入できます。

特にプライム会員であれば、その他様々なメリットがあります。

しかし、ほとんどの人がアマゾンやECショップを使って、効率的に買い物をしていない・楽な買い物をしていないと思います。

という事で、アマゾンや楽天の送料に関する事、自分が楽して得するamazonや楽天通販の使い方を纏めてみたいと思います。


amazonの送料はいくら?送料無料になる条件・方法は?


まず、アマゾンの送料に関して紹介していきます。

2000円未満の買い物の場合は送料410円!

アマゾンでの2000円未満のショッピングには、沖縄や一部離島等を除き送料が410円かかります。

また、2000円以上の商品を購入した後に、まとめて購入した商品の1個をキャンセルして合計金額が2000円未満になった時も、送料がかかる可能性があります。

2000円以上の買い物は送料無料!

Amazonで送料を無料タダにするには2000円以上の買い物をすれば送料無料になります。

従って、アマゾンで欲しい物をカートに入れたが、2000円に満たない場合は、日用品や消耗品と一緒に購入するというのも送料無料にする方法の1つになるでしょう。

楽天の送料は?送料無料にならない?送料無料にするためには?


次に楽天での送料に関して紹介していきます。

楽天は送料がかかるショップと送料無料の店がある

楽天で買い物した際の送料は出店店舗によって違います。

上記の画像を観ても分かるように同じ商品でも送料無料のショップもあれば、送料がかかるショップもあります。

従って、購入する際に同じ商品でも安く購入したければ、送料無料というのにこだわらず、支払額合計を考えた上で購入するのが良いでしょう。

具体的には送料が有料でも送料無料のお店よりも安く出品している所もあるので、そういうのを見極めて購入するという事です。

上記の水であれば、左側のショップは送料込みで1450円ですが、右側のショップは送料無料でも1600円その差は150円あります。

送料無料にならない?送料無料にするためには?

楽天ではたまに送料が無料にならないという話を聞きます。

それと同様に送料を無料をするためにはどうすれば良いのか?というような事を知りたい方も居ます。

楽天はお店毎に送料の考え方が違います。

例えば、送料無料にならない場合、そのECショップの送料無料ラインを超えていないなどが考えられます。

従って、送料無料にするには同一ショップ内で一定額以上の買い物をすれば送料無料になるでしょう。

楽天は39ショップ内の購入金額が3980円以上で送料無料

楽天もアマゾンと類似したような送料無料のサービスはあります。

それが39ショップというサービスです。

送料無料ライン対応ショップ「39(サンキュー)ショップ」に登録しているお店内で同一注文・同一配送先への購入額が3980円以上であれば、送料無料になります。

従って、楽天の39ショップ対応店で欲しい物をカートに入れたが、2000円に満たない場合は、アマゾンで買い物をする時と同様に、日用品や消耗品と一緒に購入するというのも送料無料にする方法の1つになるでしょう。