【専業副業経費会社税金】配信者やyoutuberが収入以外の意味で普通に働いた方が良いと思う3つの理由【働き方改革解禁】

筆者が好んで観ている配信者やyoutuberは大概が無職だったり、配信業一本・専業みたいな人が多かったりします。

こういう人達が長時間配信してくれるから、観る側は楽しみにしている側面もあり、観るものに困らないという側面もあったりします。

ただ、なんだかんだ労動という選択肢が存在しても良いとも思っています。

これは別に普通に働いて誰もが想像するような一般的な労動をしろという意味ではありません。

ここからはここでの「働く意味」とか「働く狙い」みたいのを書いてみます。


配信のネタになる

働くって普通に色んな人間と接するわけだから、いい刺激にしろ悪い刺激にしろ、なんらかの刺激を得られます。

そういう刺激をその日の配信や動画のネタに出来るはずです。

特に雑談とか商品レビューをする配信や動画に関しては、ゲーム配信みたいにゲームがネタと言うわけではないので、尚更、働いたほうが良いとは思います。

ただし、その刺激を上手い事配信向けに面白くできるか?という技術とは別なので、そこは別けて考えたほうが良いとは思います。

例えば…

ネタが無く、ペット使ってネタをひねり出したり

色恋沙汰とかカップル配信で注目をあつめたり

他の配信者の事を話してプロレスしたり、他者の宣伝したり、まとめサイトから引っ張ってきた事件や出来事をネタに配信するよりは、人間味があると思います。

働いてみれば、色々とリスナーや視聴者と共感できる事や皆が思っている不満を感じれて、配信者を身近に感じれるのでは?とは思います。

別収入を得られる

配信で稼ぐってのは凄い良いお金の稼ぎ方とか生業とは考えていますが、その配信業一本ってのは現状は凄いリスキーだとも思っています。

【徹底券完全版!】副業と複業の違い完全解説!副業だけをオススメしない!スマホネットに限らずいくつもの複業で無数の収益源確保!

ニコ生でチャンネルを持っているとかyoutubeで何万人も登録者がいるなら、配信業youtube一本でも安泰だと思ういます、そうでない人々に取っては凄い危ういと思います。

例えば、ニコ生のチャンネル持っている人間はチャンネルが無くなったり凍結されれば、それはダイレクトに収入0に繋がったり、投げ銭が途切れれば、それもすぐに収入0に繋がります。

何より、動画媒体等のコンテンツ(不労所得)をネット上に残して、そのコンテンツから収入を得るという手段を考えていない配信者は、別収入を得ていたほうが良いとは思います。

これは別に配信者やyoutuberに限らず、普通に働いている人間もそうですが、何でも一本ってのは、その一本が絶たれた時に往生するリスクが有るので、別の収入源として何らかの労働対価はあったほうが良いというです。

すぐ辞めたってOK


で、配信というお金の稼ぎ方が主軸の人間は、もし働くとなれば、労働対価は副収入になります。

世の中の人間が労働対価を主軸とし、プライベートの時間でバイトだPCだITを使ってセドリだアフィリエイトだFXだの副収入としている中、世の中の人々とはその逆なので、嫌ならすぐに辞めても良いはずです。

上手く行けば、他の人が出来ない仕事のより好み出来るはずです。

具体的には、youtubeの動画作成や生配信が有るから、集客が見込める土日は働かないとか日中の3時間5時間だけでいいとか、仕事を選べるのが良いと思います。

ともかく、自分が働きたい時に働き様々な面で自分が嫌と思ったり、配信に支障があるようになれば、すぐ辞められます。

余談ついてに、一応書きますが、こういう仕事を選ぶ働き方が出来るのは、日本では正社員という身分とか強いメンバーシップを求められる雇われ方では、裏でこそこそしない限りは基本的には出来ません。

なので、後ろ指を刺されなくなかったら、アルバイトだパートだ派遣だの流動的な求人でしか出来ないかもしれません。

最後に

いろいろな放送で働いていない配信者に対して、働け的なコメントが多くあるし、それがどういう意図・真意のコメントかは分かりません。

ただ、筆者が働いたほうが良いと思う理由は、日々の労動で思ったことや出来事を配信のネタとしつつ、副収入として働いたほうが良いということです。

なんだかんだ、最近人気の配信者やyoutuberだったり、こうも配信やyoutuberが増えているのは、働くことのストレスがいい感じで配信に向かわせている側面もあり、それがモチベーションになったりするので、人気だったり面白かったりするのだと思います。

基本的に労動とか仕事なんてク◯だと思っている筆者なので、配信で収入がある人間や無職でも金に困っていない配信者は、せっせこ働いているリスナーより優位に立つ為に、自由に働いてみる、仕事を選ぶってのは最高の武器かもしれません。

それでは!