福岡の郷土料理おいしいごまさばを自宅で簡単調理!レシピは無いよ!

スポンサーリンク

ごまさばという郷土料理があります。このごまさばと言えば魚の品種の1つであるゴマサバの方が有名だし、同名なので混同するかもしれませんが、ここで書くのは福岡の郷土料理である胡麻鯖(ごまさば)です。この胡麻鯖はその日にとれた新鮮な真サバの刺身に特製のタレとすりごまをたっぷりかけて食べるというものです。

胡麻鯖って何?

胡麻鯖(ごまさば)は、豚骨ラーメン、モツ鍋、水炊きといった福岡、博多の郷土料理の一つ。サバの刺身を醤油、炒りゴマ、みりんを加えて和えたもの。店や好みによってはショウガ、海苔等の薬味も加えられる。かなりやみつきになるアジでリピーターも多い。鯖の旨味を活かして、締めのお茶漬けの具として食べるのも美味しい。

自宅調理は食中毒に注意!

鯖には食中毒の原因となる寄生虫アニサキスがいる。これは酢に漬け込むだけでは死ぬことはないので、刺身用の鯖で作るのが必須!寄生虫のアニキサスは日本海側で水揚げされるサバには寄生刺身になる部位に移動しない特徴がある。太平洋海側で水揚げされるサバは日本海側に比べて多いと言うので、鯖を生で食べる場合の食中毒対策の1つの基準として、こういう海域の特徴を知っておくのが良い。こういう海域の特徴もあってか、福岡県や長崎県や大分県などの九州地方で鯖を生で食べる文化があるのは、生で食べても食中毒になりにくいことの影響がるという。

自宅で簡単調理にはこれ1本!

刺身のたれ ごま刺 120ml 【ごま醤油】【ゴマたれ】【刺身専用ごまタレ】【刺身】「ごまさば」「りゅうきゅう」「あつめし」「九州郷土料理」海鮮どんぶり 「さしみ」05P03Dec16

価格:450円
(2017/11/25 21:51時点)
感想(8件)

胡麻鯖は魚さえ気をつければ美味しくいただける。調理も特に難しいことはないが、それでも手間を省く、簡単に調理する(~をするだけ)で考えるならこの刺身のたれ ごま刺だけで良い。たしかスーパーの試食コーナーみたいなところで、1回このタレで食べたことが有るのだが、この商品だけで胡麻鯖の美味さ、甘さが楽しめる。この商品の中にすで醤油(九州特有の甘い醤油)、みりん、清酒、ねりごま、醸造酢や甘味料が入っているからだ!購入者の感想を概ね好評で、他の魚にも合うとのことだ。鯖の生食に抵抗がある人でも、ブリやアジといった他の魚の刺身に使っているとの話もある。

酒の肴としてこのタレを使った刺身を一緒にしたら、最高だろう!

それでは!

こちらもオススメ!

旬さば「ごまさば」<8袋セット>

価格:3,330円
(2017/11/25 22:13時点)
感想(0件)

スポンサーリンク

フォローする