【パチンコパチスロカジノ】公営私営ギャンブル比較!一番勝てるのは?運は?【競馬競艇競輪】

スポンサーリンク

ギャンブルで勝ち続ける科学者たち:完全無欠の賭け
日本は基本的にはギャンブルは賭博という事で禁止されています。

しかし、今現在存在しているあらゆる賭け事は、違法性阻却(いほうせいそきゃく)の観点から遊戯できます。(違法性阻却とは違法と推定される行為について、特別の事情があるために違法性がないとすること。)

2020年代、日本で存在しているギャンブル一覧ですが、私営ギャンブルは、パチンコやパチンコ、宝くじがそれに該当します。

そして公営ギャンブル(競技)は競馬・競艇(ボートレース)・競輪、オートレースがそれに該当しますし、株などの投資も人の判断にも依りますが、ギャンブルと区分してもいいでしょう。

今後はIR法案の話もあり、カジノも出来るかもしれませんし、今はインターネット時代で、オンラインカジノも登場しています。

今回は一番遊技人口が多いとされている趣味娯楽である、あらゆるギャンブルの配当率を比較して、一番勝ちやすいギャンブルを紹介してきます。


ギャンブルの一番の必勝法はギャンブルしない事

勝率9割の選択

まずギャンブルの原理原則、一番の必勝法はギャンブルや賭け事をしない事です。

これは賭け事をしている人なら一番納得してもらえる事でしょう。

ギャンブルをしている人であれば、一度は

「やらなければ良かった」「もう今日で辞めよう」等々思った事はあるでしょう。

仮に本当にギャンブルで勝つ・勝ちたいなら、運や実力などといった曖昧なものを根拠にするのではなく、それこそ計算に次ぐ計算、綿密な過去のデータの読み取りや確率論など必要です。

ギャンブルに本当に勝ち、勝ち続けるのであれば、科学や数学の域の様な学問こそが必要であり、そのレベルであれば、それは遊戯ではなく仕事と言っても過言ではないでしょう。

相手は商売である

ギャンブルは設備投資費に維持費、光熱費に人件費や地代家賃等々、色々な経費がコストとして存在しています。

相手は商売をしているわけで、当然上がり(売上)が無ければ存続できません。

その結果、ギャンブルの還元率として払い戻しされる金額は100%以下のものがほとんどです。

長い目でみれば、払戻金がその還元率に近づくことを意味します。

たとえば、バチンコ・スロットは還元率の平均が約85%と言われております。

総額100万円を賭ければ、長期的に85万円の還元(払い戻し)になり、15万円の負けるとは確実です。


還元率では単純に計算はできない

最新 金運がつく九星方位術―引っ越し、旅行、ビジネスから賭け事まで、あなたの金運方位を大公開!
還元率は理論上の数字です。

ギャンブルは相手や機械が関わっており、この自分ではどうしようも出来ない部分(運)によって、賭け金額の2倍や3倍が還元される事もありますし、逆に0になる可能性があります。

しかしながら、還元率が100%に近いギャンブルをすることで長期的に見て勝ちやすくなっていることも事実で、還元率が100%に近いギャンブルをするのも一番勝てるギャンブルと言えるでしょう。

スポンサーリンク

フォローする