子供の箸の練習・矯正はいつから?100均のトレーニング箸よりおすすめしたいエジソンの箸

スポンサーリンク


子育て・教育の一環で避けては通れないのが箸の持ち方の教育や矯正です。

初めて箸を使う時、子供にとっては難しく教える方も大変で、時間も費やしてしまいます。

トレーニングが面倒だからといって、教えるのを諦めてしまえば、我流の箸の持ち方を習得してしまい、マナーに関わる問題になり、矯正も含めて将来苦労します。

現代は、しつけ箸やトレーニング箸と呼ばれる子供用矯正箸が発売されており、子供の箸の矯正に関してこれらの商品は人気があります。

100円ショップ(100均)でも販売しているのですが、100均よりも良いおすすめの子ども用矯正箸をまとめてみます。

もし、子供の箸の持ち方・矯正に悩んでいる方は矯正箸を検討しても良いかもしれません。

また、箸の持ち方に悩むのは子供や親だけではありません。大人も同様です。

子供の矯正箸同様におまけで、大人用の矯正箸もあげていきます。


お箸トレーニング・練習はいつから?

さて、多くの方が悩むのが何歳から箸を使うのか?という事です。これには個人差がありますが、一般的には2歳~3歳から箸の練習を始めるようです。

また、年齢以外の基準としては、スプーンやフォークの扱いになれて、大人の箸に興味を持ち始めた時が教えれるタイミングという考え方もあります。

正しい箸の持ち方

念の為、正しい箸の持ち方を確認します。

上記の画像が正しい持ち方・使い方になります。コツとしては、上の箸(作用箸)はペンや鉛筆を持つ要領で持ち、下の箸(固定箸)は親指と人差し指の付け根に挟み、薬指で支えるようにすれば正しい持ち方になります。

次は子供用の矯正箸を紹介していきます。

スポンサーリンク

フォローする