【おすすめ】幼稚園で配られる昔の缶が怖い肝油ドロップの必要性を解説!効果効能は?大人でも視力回復期待できる?【口コミ】

河合(カワイ)ビタミンC肝油ドロップ 300粒
主に河合製薬が販売しているので有名なのが肝油ドロップです。(通称:肝油)

肝油はタラやサメ、エイの肝臓から抽出した脂肪分で作られており、実は上記の魚は軟骨魚類で浮き袋を持っていません。

従って、海水より比重の軽い油を肝臓に蓄え、浮力を得ており、その結果、肝油が抽出されます。

この肝油は大人の視力回復という点でも多くの方が気になっている様です。

そんな肝油の効果や効能に加えて、肝油の必要性を紹介していきます。


何故幼稚園や保育園で肝油が配られていたのか?


お母さんお父さん世代から人気だった肝油ドロップ。

独特の甘さが病みつきになるようなドロップで、幼稚園や保育園で1日1個しかダメだったのが良い思い出でもある方も居るでしょう。

また、昔の缶の絵柄が怖いと感じた方も多いのではないでしょうか?

そんな肝油は何故、幼稚園保育園に代表されるような幼児教育の場で配られていたのでしょうか?

実は、肝油自体、子供向けに味付けされた栄養補助食品であります。

そもそも、身体も小さく消化器官も大人に比べて未熟な子供たちは、1日3食の食事だけでは成長に必要な栄養分を十分に摂取することが出来ません。

そこで、その不足している栄養分を効率良く補う為に教育の一環として肝油ドロップを配っているのです。

ちなみに、肝油ドロップはあの甘さや美味しさも去ることながら、栄養の塊と言っていいほどのものです。

しかし、あまり摂取しすぎると体調不良を引き起こす事もあることから、1日1個という制限もあります。

この事から肝油ドロップは子供向けの栄養剤・サプリメントと言っても良いでしょうし、その必要性を理解してもらえるのではないでしょうか?

肝油ドロップの効果効能は?

もっとキレイに、ずーっと健康 栄養素図鑑と食べ方テク

肝油ドロップの効果効能は目の乾燥、骨や歯の発育、夜盲症(とり目)に効果があります。

また、各種ビタミン(詳細は後述)が豊富なため、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時、発育期、老年期に摂取するのも効果的です。

この効果効能に歯や骨の発育に良いことから園児に配られるというは納得してもらえるところでしょう。

肝油ドロップ1個当りの主要成分

肝油ドロップは様々な製薬会社が発売していますが、どこも概ね1粒当りの栄養分に大差はありません。

ばらつきがありますが、一般的には

成分・栄養素 単位
ビタミンA 230mcg(マイクログラム)
ビタミンC 30mg(ミリグラム)
ビタミンD 1.70mcg
乳酸菌 0.2mg(乳酸菌約10億個)
深海鮫肝油精製油 11.3mcg
葉酸 24mcg

です。

肝油はビタミンAが豊富!大人や子供の視力回復に期待!?

さて、肝油ドロップに視力回復の効果があるのではないか?と期待している方も居るでしょう。

ビタミンAは夜間の視力の維持を助ける効果と、皮膚や粘膜の健康維持を補助する栄養素であり、目にとって必要不可欠な要素と言っても良いでしょう。

粘膜の健康維持の栄養素であるため、同じ粘膜である角膜と結膜を保護する効果があり、目の乾燥、老眼予防と回復、視力改善など目に関する健康保持に効果的です。

さらに、ビタミンAは網膜の新陳代謝を高める働きがあるので、緑内障など目の病気にも期待できます。

ただし、あくまで網膜の新陳代謝を高める効果があるだけで、摂取し続ければ、視力が劇的に良くなる・回復する・改善する等々は期待しないほうが良いでしょう。

目の健康に良いとか視力の維持といったような認識で居たほうが良いでしょう。


肝油ドロップに含まれるその他の成分は何に効く?

肝油はビタミンAの他にビタミンC,D等々あります。

ビタミンCはビタミンA同様に皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素ですし、ビタミンDは腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。

また、あまり馴染みのない深海鮫肝油精製油(鮫肝油)は免疫力を助ける栄養素です。

そして、最近注目されている葉酸は、赤血球の生産を助ける栄養素です。

身体の代謝に関与しており、たんぱく質の生合成を促進し、細胞の生産や再生を助けることから、子供や幼児の体の発育にも重要なビタミンです。

肝油ドロップの必要性は子供が苦手な食品からしか取れない栄養を摂取できる事

数カ月先まで予約でいっぱい! 訪問調理師ごはんさんのどんどんおかわりする子ども大好きレシピ78

肝油ドロップに含まれる成分は一般に流通している食材からも摂取は可能です。

しかし、肝油ドロップ同様にビタミンAや葉酸などが多く含まれている食品というのは、レバー類やにんじん、ほうれん草、ライチ、きな粉など子供が苦手な味の食品だったり入手しにくい食材や調理に困るものが多いのです。

この事から肝油ドロップの必要性というのは、子供が苦手な食材に多く含まれている栄養分をストレスなく摂取できる事にあります。

この理由1つで肝油の必要性を理解できるのではないでしょうか?


最後に


ここまで肝油ドロップの必要性や効果効能を紹介してきました。

肝油ドロップは視力回復とともに、昔から幼児の栄養補給として広く知られているお菓子でもあり、サプリメントでもあります。

昔はご褒美やお菓子的な要素として親しまれていましたが、現在は栄養バランスを調整する栄養補助⾷品としての価値があります。

もし、肝油ドロップの必要性に疑問を感じている方がいれば、肝油ドロップにも記載されている栄養機能食品として価値を見出して貰えれば良いのではないでしょうか?

それでは!

あなたにオススメの人気記事
お弁当を作るお母さん達が日々色々悩むのが、子供や旦那の弁当のおかずです。 そんな弁当で便利なのが「冷凍食品」で、これにお世話になら...
昨今のウイルス対策の一環して、アルコール消毒と並行し、手洗いというのが非常に重要です。 そんな手洗いですが、15秒するとか40秒す...
嫌がらせという意味のハラスメント。 近年、頻繁にパワハラだセクハラだなどの言葉を耳にするようになったという方も多いでしょう。 ...
0歳から1歳未満の子供がいる家庭には必須のアイテムがあります。 それは哺乳瓶の除菌のミルトンや粉ミルクでしょう。 ミルトンは...
毎年、皆に平等に訪れる誕生日。誕生日の人を恋人や友人、家族で祝うのが定番でしょう。 その際のメインとなるのが、バースデーケーキ(誕生日...
赤ちゃんが産まれてから、まず購入すべきものや使った人が本当に良かったと思うものに1つに必ず入っているのがジョイントマット・プレイマットで...
最近はポンプ式の液体石鹸を多く見かけるようになりました。 しかし、従来の固形石鹸も根強い人気があります。 固形石鹸の人気の理...