【2020年】個人で初めてガソリンカードを作る持つ方におすすめの最強のガソリンカードは?

スポンサーリンク


2020年は新型コロナウィルスの影響からガソリン代が大幅に値下がりしました。

地域や会社によって様々でしょうが、概ねコロナウィルス前と後では10円近く変わっています。

この値下げは個人や会社問わずに嬉しい値下げで家計やお財布の助けになったでしょう。

このままのガソリン価格で推移すれば幸いですが、いつかはコロナウィルス前の価格帯に戻ることが予想されますし、そうなった時、ガソリンが高いと感じるかもしれません。

それは致し方ない事でもありますが、社会の変化でこのガソリンが安いというメリットやお得感を感じている今、ガソリンカードを作る良いきっかけなのかもしれません。

そこで、

「これからガソリンカードを持ちたい」

「ガソリンカードを作る」

「どこのガソリンスタンドのカードが良いのか?」

「個人のガソリンカードはどこがおすすめか?」

「審査はあるのか?ないのか?」

等々、疑問に思っている方に実際に筆者が使っている最強のおすすめガソリンカードを紹介します。

ガソリンカードを作ろうか悩んでいる方、どこがお得なのか?というのを申し込みや作る前に知りたい方は是非参考にして下さい。


ガソリンカードとは?

そもそもガソリンカードとはどのような物なのか?どのようなメリットや特典があるのか?というのが分からない方も居るでしょう。

各社ガソリンカードには主に3つのメリットが有り、それは…

  1. 会社やカードの種類に依るが1リットル辺り2円~5円安くなり、通常よりも安い
  2. ガソリン代金に応じて各社ポイント還元されそのポイントで商品交換ができる
  3. 提携のガソリンスタンドでのカーケアや整備が安くなる

といった所が主なメリットやお得情報になります。

使い方もシンプルでクレジットカード同様に使うだけです。

ガソリンカードは、クレジット機能キャッシング機能を付ける事も可能なのですが、ガソリンスタンドだけでしか使えない様なガソリンカードもあります。

個人の方は、既にクレジットカードを持っているので、クレジット機能キャッシング機能を付帯しないガソリンカードだけでいいでしょうし、それをオススメします。

シンプルに言えば、キャッシング機能クレジット機能がないガソリンカードがオススメでガソリンカードで給油すれば、ガソリン代が大幅に安くなりお得だという事です。

スポンサーリンク

フォローする