【2022年】3040代で自覚する自分も嫌なオヤジおばさん臭ミドル脂臭!消す方法やおすすめのシャンプーボディソープは?

日本人はなぜ臭いと言われるのか 体臭と口臭の科学 (光文社新書)

車内が臭い、枕が臭い、部屋が臭い、服が臭い、頭が臭い・・・。

若い頃は気にしなかった自分の匂いというのがいつからか気になるようになります。

きっと多くの人が自分はオヤジ臭くなったのか?」とか「自分からおばさん臭がする」とか「これが加齢臭?!」と思うはずです。

このオヤジ臭・おばさん臭の正体は「ミドル脂臭」とも言われており、自分以外も気になる臭いです。

このミドル脂臭、オヤジ臭・おばさん臭の正体や予防や対策をいくつか挙げていきます。


ミドル脂臭は30代から発生している!?

このミドル脂臭は個人差がありますが、早い人では30歳から気づく・気になるといわれており、全体の25%の人が40歳になるまでに自分で気付いています。

なので、もし今30代で「自分はまだオヤジ臭くない」と思っている方がいれば、実はもう既に他の人はその臭いに気づいている可能性がある。

と考えても良いかもしれません。

また、40歳になれば全体の約55%がその臭いに気付いているようです。

自分の臭いに気付いたきっかけは?

そんな自分のミドル脂臭・オヤジ臭さ・おばさん臭ですが、気づくきっかけは自分の枕の匂いや家に帰ってきて自分の部屋に入った時の違和感、車内に入った時、仕事着やスーツを脱いでいる時などに気付くようです。

また、子供や彼女や奥さん・旦那や彼氏など身近人から指摘されて気づくこともあるようです。

【完全解説】女性に嫌われる行為コイキングキスとツバローションとは!?女性側の対処法や矯正はある?【wikipedia風】

ミドル脂臭やオヤジ臭さはどこから発生している?


こういう匂いはどこから発生しているのか?という方も居るでしょう。

これらは後頭部・頭頂部・うなじを中心に発生します。

なので、後頭部や頭頂部や頚椎周辺に長時間接している枕や布団、車内(正確にはシート)、洋服などに匂いが移って自分でもミドル脂臭・オヤジ臭さを感じるのかもしれません。

有名な話かもしれませんが、これらの匂いは、入浴時に頚椎周辺や耳の裏近辺を丹念に洗えば抑えられるという話もあります。

オヤジ臭・ミドル脂臭の原因は?

そもそもミドル脂臭の原因は何?という方も居るでしょう。

これらミドル脂臭の原因は、ジアセチルという成分と皮脂臭が混ざった臭いです。

オヤジ臭(おばさん臭)やミドル脂臭の原因を突き止めたのは整髪料のギャツビーで有名なマンダムで、2013年と割と近年に解明され、発表しました。

また、これらのジアセチルは年齢によるものなので、食生活の改善や適度な運動でも完全に抑えられるものではないようです。

加えて、毎日、お酒を飲んでいる方や喫煙者はミドル脂臭が増えやすくなります。


ミドル脂臭の対策!


そんなミドル脂臭は・・・

①定期的にボディーシートで拭き取る
②洗髪・洗体を念入りにする

が自身で出来る対策です。

日中はミドル脂臭が出ている後頭部や耳の裏付近を、市販のボディーシートで定期的に拭き取ります。皮脂とジアセチルが混ざる前に拭き取れば、臭いは抑えられるので、これで仕事中や外ではあまり気にすることもなくなります。

また、これと並行して洗髪と洗体を念入りにすれば、自分の枕や部屋でオヤジ臭・おばさん臭を抑えれます。

具体的には洗髪はシャンプー前に最低3分髪をお湯で洗い流したり、シャンプーを2度してその後にリンス・コンディショナーをします。

洗体に関しては、上記でも記したミドル脂臭が発生する耳の裏や、首の裏や頚椎周辺を石鹸などでよく落としましょう。

女性よりも男性は脂質が多いので、保湿成分の高いボディーソープより、デオドランド系のボディーソープが良いです。

ここらへんのシャンプーやボディーソープに関してどれが良いのが分からないとか、オススメのケア商品が気になるという方は、ジアセチルを特定したマンダムの商品を試してみるのも良いでしょう。

また、これは筆者が枕に臭いが移らないためにしている事なのですが、毎晩枕の上にタオルを置いて枕を使用しています。

これで、枕を少しでも臭わないように工夫しています。(ちなみに、タオルが枕から落ちない・ズレないように小さいフェイスタオルではなく、大きいスポーツタオルが良いです。)

最後にまとめ


ここまでオヤジ臭(おばさん臭)・ミドル脂臭の知識と対策を紹介してきました。

他にも色んな人の色んな対策があるでしょう。

筆者に限らず、オヤジ臭を消すために対策をしている人は全体の6割居ます。

おそらく、身近な人でも臭いのケアをしている人は居るでしょうから、それとな~く聞き出してそれを自身で実践してみるというのも1つの対策でしょう。

それでは!

合わせて読みたい人気記事
お店に行くと目にとまって、ついつい手にとってしまうお菓子。 仕事の休憩時間や食後に食べると、とても幸せな気分になります。 そんな...
2020年は新型コロナウィルスの影響からガソリン代が一時期ではありますが、大幅に値下がりしました。 しかし、ロシアウクライナ情勢で...
「この人この顔は知っているのに名前が出てこない」 「今日会った人の名前を忘れた」 「この人の名前が喉まで出ているのに出てこな...
10代20代では、毎日運動しても遊び回っても、翌日に疲れを感じる事もなかった人はたくさん居るでしょう。 しかし、30代40代となれ...
自宅の電話や会社の電話に知らない番号から電話がかかってきて、恐る恐る出てみたら案の定、迷惑電話やセールス電話だったというのは誰しもが一度...
昨今のウイルス対策の一環して、アルコール消毒と並行し、手洗いというのが非常に重要です。 そんな手洗いですが、15秒するとか40秒す...
昨今の外出自粛の影響で宅急便の荷物が増加したり、ウイルス対策として大手宅配会社は人との接触を控えるような対策をしています。 ま...
3月3日からナチュラルローソンで一切塩を入れていないカレーが販売開始します。 このカレーは2種類のカレーが入っており、1つは栄養が...