【最新】完全版!自動車保険と自動車共済の違いと2つのメリット!これを知れば必ず得をする【aig楽天あいおいチューリッヒ】

自動車保険金は出ないのがフツー (幻冬舎新書)
車を運転するにあたって全ての人が自賠責保険に加入します。

何故この自賠責保険に強制加入するかと言えば、自賠責保険は自動車損害賠償保障法によって定められている損害保険です。

その自賠責保険は絶対に加入する保険ですが、ほとんどの人が任意で入る保険があり、それが自動車保険です。

最近では、インターネットなどで直接申し込めるダイレクト型の自動車保険の安さやサービスや補償が魅力で人気が高まり、契約者自身で補償内容を決めて、様々な自動車保険会社の保険の見積と比較(相見積)して加入・手続き・継続が可能になりました。

そんな自動車保険は誰しもが知っている自動車の保険ですが、実はあまり認知されていない自動車保険と同等のものがあり、それが自動車共済です。


そもそも共済とは?

自動車共済に限らず、そもそも共済とは何?という人も多いでしょう。

共済とは、ある地方や特定の職業などの組合員を対象にして、相互補助を第一の趣旨とした団体などが運営している組合です。

生命保険や自動車保険に代表されるような民間の保険会社とは違い、非営利目的での運営です。

これらの共済に加入するには原則として組合員である事が必須になります。

組合員同士がお互いに助け合うという考えが基本かつ、非営利目的で運営されているので、AIGやアクサ、チューリッヒやあいおい等の民間の保険会社の保険料に該当する共済の掛け金は保険会社の保険料と比較すると安くてお得です。

また、保険会社は金融庁の監督の下、経営・運営しているのに対し、共済は金融省庁ではないのも1つの特徴です。

しかしながら、保険も共済も法律の保険法に基づいて構成されています。

自動車共済とは?

そんな共済の一つである自動車共済ですが、民間の保険会社の自動車保険と保証内容やサービスはほとんど一緒です。

共済に加入するには、原則として組合員で有ることがあり、共済をあまり知らない方は自分も組合に入れるのだろうか?と考えるでしょう。



中には地域が違ったり自身の環境と縁遠く入れない組合もあるのですが、入れる組合もあり、それがJA共済や生活協同組合の全労済などが有名で、比較的組合の加入がしやすいでしょう。

自動車保険と自動車共済の違いのまとめ

得する! 保険最新ランキング 2019

さて、そんな自動車保険と自動車共済の違いですが、上記でも記した様にほとんど差はありません。

しかし、強いて挙げるなら、契約に対する考え方や用語・名称が違います。

具体的には、自動車保険の保険料は共済では掛け金という名称ですし、保険金は共済金、契約者は組合員・加入者と言った具合で多少名称や用語が違います。

重ねてになりますが、言葉の意味やニュアンスはほとんど一緒ですし、補償も対物無制限とか対人無制限などの内容もあります。

自動車共済にある2つのメリット

民間の自動車保険にお株を奪われている自動車共済ですが、実はメリットが2つあります。

それはなんと言っても

  1. 掛け金(保険料)が民間の保険会社に比べて安い
  2. 割戻金(配当金)がある

のこの2点です!




筆者も特殊な自動車共済に加入しているのですが、民間の同等の保険と比べて2割から3割ほど安く、本当に月々の掛け金(保険料)を抑えられるので、家計に優しく大変重宝しています。

何故自動車保険よりも安いのか?考える人もいるでしょう。それは、販売に必要な経費を抑えているからです。

民間の保険会社であれば、競合他社が存在するので。宣伝費とか営業活動費が必要ですが、共済は非営利団体であるので、その必要がありません。

結果、経費を抑えれるので掛け金が安いのです。

しかし、メリットはそれだけではありません。なんと、掛け金が戻ってくるのです。

正確には、配当金というのですが、1年に1回この配当金があります。

共済は非営利なので、仮に利益が出た場合には「配当金」として組合員・加入者に還付・還元しています。

この配当金の金額は掛け金の約1ヶ月分に相当する額で、配当金があるのが自動車保険と自動車共済の違いであり、これこそが大きなメリットと言えます。

自動車共済に乗り換えたい!そんな時に留意すること


掛け金も安く、配当金もある自動車共済ですが、実は注意してもらいたい事があります。

それが基本的に自動車保険から自動車共済に乗り換える時、等級が引き継げないという事です。

また、自動車共済から自動車保険に乗り換える時も等級が引き継げない共済もあります。

従って、乗り換えを検討している方は、念の為等級が引き継げるのかを確認したほうが良いでしょう。



しかし、これから自動車保険を契約しようとか新規で自動車保険を契約しようという方は等級の引き継ぎの問題も無いので、民間の保険会社と比べて最初から安い金額で共済と契約できるでしょう。

1番良い自動車保険と自動車共済を比べて再考を!

ここまであまり知られていないお得な自動車保険と同等の自動車共済について書き記しました。

多くの方が自動車保険に加入する時、自分に合った保険の条件を入力し、多くの保険会社から保険料を比べることが出来る自動車保険一括見積もりサービスで見積をし、比較して加入を検討するでしょう。

そして、1番自分の条件に合った保険と契約するでしょう。

それでも十分なのかしれませんが、自動車共済の存在を知っていれば、一番安い自動車保険と自動車共済を比較することで、自動車保険が本当に保険が安いのか?自動車共済の方が安いのではないか?という別の相見積もりもできます。



もちろん、サービスや保障内容もしっかり精査することも必要ですが、こうすることで、家計に優しく、自分にあった自動車保険・共済を見つけれるのではないでしょうか?

それでは!

フォローする