【値段費用工賃】軽自動車普通車のタイミングベルトとウォーターポンプ交換の時期や安い所は?

スポンサーリンク

今の車は定期的なメンテンナスとしっかりした整備をすれば20万キロ、30万キロは問題なく走ると言われています。

メンテナンスで頻繁に行うのはオイル交換ですが、距離を長く走れば、避けては通れない整備・メンテナンスがあり、それがタイミングベルトの交換です。

タイミングベルトは車のエンジンにおいて重要な部品のひとつで、役割としてはエンジンのピストンとバルブの動力を調整しています。

タイミングベルトは交換が必要な部品で、交換しないで使用し続けていて、タイミングベルト壊れる(切れる)と、エンジンも故障する可能性が高いです。

そうなってはエンジン載せ替えになってしまい、車種や年式や走行距離にもよるのですが、中古車が1台買えるくらいの出費になってしまいます。

ここでは、タイミングベルトの交換時期や値段費用工賃、安い所やウォーターポンプの交換の疑問等々について紹介していきます。

https://ynokenkyuuzyo.com/%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab%e4%ba%a4%e6%8f%9b-%e5%ae%89%e3%81%84-%e6%af%94%e8%bc%83-%e5%ba%97%e8%88%97/

タイミングベルトの交換時期は?


タイミングベルトの交換時期は走行距離10万km、もしくは10年毎に交換が必要といわれています。

これはあくまで目安であり、車種や使用状況によって異なります。

なので、もし自分の車が10万キロ近く走行していたり、使用から10年近く経っていれば、自動車ディーラーのサービス工場や近くの整備工場やカー用品店などに一度相談してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

フォローする