【値段費用工賃】軽自動車普通車のタイミングベルトとウォーターポンプ交換の時期や安い所は?

スポンサーリンク

タイミングベルトの交換費用工賃値段は?

タイミングベルト交換の工賃費用値段は大きく分けて2つあります。

1つは部品代で、これは非常に安く、軽自動車の場合は3000円から6000円、普通車の場合は3000円~8000円程度です。

もう1つは工賃(整備代)で、これが支払合計額に大きく関わってきます。

軽自動車の場合、工賃が約2万円以上が相場で、普通車の場合は工賃に幅があり、排気量の多い車の方が工賃が高くなります。

工賃が高くなる理由は、そもそもタイミングベルトというのがエンジンの奥にあるため、部品の脱着作業が多く、これで工賃がかさむからです。

おおよそですが、排気量が少ない普通車の場合は2万5000円前後、排気量の大きい普通車では4万円から6万円程です。

軽自動車 普通自動車(低排気) 普通自動車(高排気)
部品代 3000円~6000円 3000円~8000円 3000円~8000円
工 賃 20000円以上 約2万5000円 4万円~6万円
合 計 2万3000~2万6000円 2万8000円~3万2000円 4万3000円~6万8000円

以上のことからタイミングベルトの交換工賃は車の種類にもよりますが、平均約3万円というのが相場になるでしょう。


タイミングベルト交換は安いが、色々交換し始めると…

タイミングベルトの交換は高いと思われがちですが、タイミングベルトの交換だけは特別に高くはない整備やメンテナンスに該当するでしょう。

3万と聞けば高いと思うかもしれませんが、車のタイヤ交換はムーブなどの軽自動車では、タイヤ1本あたり(部品代)の相場が約5000円で4本購入で約2万円。

それに1本あたり工賃(タイヤの履き替えとタイヤ交換)の平均2500円が加われば4本で約1万円となり、合計3万円でタイミングベルト交換の金額と大差ありません。

【オートバックスマルゼン】タイヤ業者がおすすめ!2020年安いタイヤメーカー【の前に】
最近、博多華丸・大吉が大手タイヤ輸入メーカーAUTOWAY(オートウェイ)のCMに起用されています。過去には、タレントの石田純一もAUT...

しかし、タイミングベルト交換と同時に勧められるので有名なのがウォーターポンプの交換です。

ウォーターポンプの交換は特別おかしな整備工場や整備士でなければ、見積もりや整備相談の段階でタイミングベルト交換と同時勧められます。

もし、ウォーターポンプを交換する必要がなければタイミングベルトの交換のみになりますが、ほぼほぼ劣化しているのでまず交換になると思います。(ウォーターポンプも10万キロが交換目安)

このウォーターポンプの交換が高く、部品代が5000円から20000円。同時にクーラント代もかかり、結構な金額になります。(クーラントは車のエンジンを冷やす冷却水の事。ロングライフクーラントや冷却水やLLCとも言われています。)



ウォーターポンプの交換はあくまで一例ですが、タイミングベルト交換作業で色々部品を脱着していく中で、悪い所があれば交換を勧められて、結局は高くなるという具合です。

整備の安い所は?

基本的に、タイミングベルト交換と同時にウォーターポンプ交換だけを交換する場合が多く、これがタイミングベルト交換の整備の基本セットや整備内容になる方が多いでしょう。

このタイミングベルトとウォーターポンプ交換費用や金額で安いのが筆者の経験から言えば、オートバックスでした。

筆者はスバルの軽自動車に乗っており、ディーラーとオートバックスで相見積もりをしたのですが、タイミングベルトとウォーターポンプの交換では見積もりの時点ではオートバックスの方が約1万円安く提示してきました。

そして実際に整備して支払った金額は約6万円(正確には59754円)でした。



この事から、もし、タイミングベルトとウォーターポンプを安くしたいのであれば、整備内容にもよりますし、筆者の1例にしかなりませんが、オートバックスが良いでしょう。

もしくは、オートバックスに代表されるようなイエローハットやジェームスなどのカー用品店も安いかもしれません。

ただし、ディーラーが高いのは、やはりメーカーとして蓄積している技術力の高さや経験があり、それが価値でもあるので、こういう付加価値はあながち疎かに出来ない点でもあるというのは考慮しても良いでしょう。

オートバックスでの整備は事前予約がおすすめ

1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術

筆者のタイミングベルトとウォーターポンプの交換の経験則から言えるのは、オートバックスの場合、事前予約をオススメします。

大手のオートバックスは多くの人が休みの土日は忙しいらしく、いつ修理完了するのか?どれくらいの時間や期間を費やすのかを聞いたら

「暇であれば1日で終り、忙しければ1日以上掛かる。」

との事でしたが、案の定後者になりました。

別にこの日数自体は特別問題ないのですが、問題は代車です。

代車は事前予約で調整しなければ用意が難しいとの事で、この事からオートバックスで1日かかるような修理整備を依頼するのであれば、事前予約がオススメです。

最後に

これはたまたまだったり、整備士さんの配慮なのかもしれませんが、筆者の軽自動車のタイミングベルトとウォーターポンプの交換をしてくれた整備員さんがサービスで色々としてくれてました。

正確には、エンジン内部洗浄や一部のホースの補修等もついでにやってくれました。

最後に、タイミングベルトとウォーターポンプの交換が高いからと言って、整備を疎かにするのはあまり得策ではないでしょう。

ほっていてエンジンが止まるだけで済めば良いですが、事故や火災を起こす可能性もあります。

そうなれば、車を買い替えするかエンジンや周辺部分交換するかになり、どちらにしてもタイミングベルトとウォーターポンプを交換したほうが結果的に安くついていたという結果にもなるでしょう。

初めに書いたように、今の車は定期的なメンテンナスとしっかりした整備をすれば20万キロ、30万キロは問題なく走ります。

長く乗ると考えている方はオイル交換を始めとした整備やメンテナンス、タイミングベルトに代表されるような長距離・長期間で発生するメンテナンスは怠らないケチらないのが得策だと思いますし、実際に筆者の車は現時点(2020年11月)で20万キロ走行しており、その分お金はかけていますが特に問題はありませんし、筆者は大変満足しています。

それでは!

合わせて読みたい人気記事
【2020年】個人で初めてガソリンカードを作る持つ方におすすめの最強のガソリンカードは?
2020年は新型コロナウィルスの影響からガソリン代が大幅に値下がりしました。 地域や会社によって様々でしょうが、概ねコロナウィルス...
【計算】ガソリン価格推移を知り予測して入れるタイミングを見極めて節約しよう!【値上げ】
ガソリンは定期的に価格が変動します。価格変動は卸値が変わる事が原因ですし、こればっかりは中等などの世界情勢とか需要と供給など自分ではどう...
【値段目安】オイル交換はオートバックス・GS・整備工場・ディーラーどこがおすすめで安い?
今も昔も一家に一台の車。そのメンテナンスで一番頻度が多く、重要なのがエンジンオイル交換です。エンジンオイル交換の目安として3000km毎、5...
【2020年最新】軽自動車・軽バン車検費用相場はどのくらい?高い場合はネット予約で安く!
車の所有者・オーナー誰しもが通るのが車検です。その期間や周期ですが、軽自動車は2年に1度やってきます。 最新の軽自動車の車検はどの...
スポンサーリンク

フォローする