七原くんは正社員になれるのか?

スポンサーリンク

若者を殺すのは誰か? (SPA!BOOKS新書)
ニコニコ生放送には、何かと話題の七原くんという配信者が居ます。端的に言えば、日本社会にある(といわれている)人生のレールとは無縁の世界の人です。人生のレールを脱線しているなんて生温いものではなく、もう荒野を走る暴走機関車のような人生模様です。

そんな七原くんは常々「俺は正社員になったら放送を辞める」と公言しています。

果たしてそんな日が来るのでしょうか?

正社員という身分に恋する

知らないでは済まされない! 「働き方改革関連法」早わかり (PHPビジネス新書)
雇用に関してそれなりの見解や対策を知っている人なら、既に解雇規制緩和の重要性や職能給から職務給の移行、年功序列賃金形態の廃止、新卒採用の廃止等々こそがすべき対策だと知っているでしょう。

しかし、多くの日本人は、七原くん同様に正社員こそあるべき姿で正義であり、非正規雇用なんていうのは存在してはならない存在みたいな認識でしょう。

正社員こそがあるべき姿である。って言う所から話がスタートしているので、多くの人は上記の対策が何故良いのか悪いのかさえも分からない。というのが多いでしょう。

そして、賢い人達からみれば“こういう認識”こそ、変えなければならない点らしいです。




それは置いておいて、七原くんの意図する正社員の姿というのはピンっと来ないので、想像でしか書けませんが、筆者が想像するに解雇もなく、生活が安定しており、社会的身分もしっかりしているみたいな認識でしょう。

それはそうかもしれませんが、彼は正社員であれば、手取り14万とか16万とかでも良いのでしょうか?サービス残業がはびこる職場でも、正社員なら喜んで働くのだろうか?

上記のあまり良い環境ではない職場の場合、彼はすぐに辞めるでしょう。

結局、七原くんにとっては、正社員という身分に恋しているだけの労働者であり、仕事の中身とか賃金とかは二の次なのでしょう。

別に、今のその日暮らしみたいな状況を(配信的にも盛り上がるとかで)七原くん自身が楽しんでいるなら良いのかもしれません。

しかし、本当に正社員という身分に恋しているのなら、中々痺れます。

七原くんに2億前後の価値があるか?

正社員の生涯賃金というのは、学歴の問題もありますが、平均して2億です。

出典:年収ガイド

年代や学歴で生涯賃金が変わるなんて、不条理の極みみたいなものだが、現状そうなんだから仕方ないでしょう。

話が逸れますが、これが嫌なら、政治とか労動市場の話になるので、この記事を観るとか七原くんの放送を観るより前に、選挙に行った方が良いでしょう。

・・・話を本筋に戻します。七原くんが正社員で今から雇われるとすれば、日本では正社員は安々と解雇できない以上、雇ってしまったら2億も七原くんに賃金を払うことになります。

・・・七原くんに2億円も払いたい人は果たして存在するのでしょうか?夜中にガスの支払いに関する電話をするとか、仕事をバックレた過去の有る七原くんに2億払いたいでしょうか?

こんなパンチの効いた事をするのは放送のネタであって欲しいなんて思うのですが、これがそうでないなら、中々にハイリスクな2億円の投資となるでしょう。

七原くんは正社員になれる

ここまで色々御託を並べてきましたが、なんだかんだ、日本企業の人手不足は明らかですし、正社員という餌で、活きの良い若者をほいほい釣り上げたい企業や会社というのは山ほど存在するので、無事正社員にはなれるでしょう。

しかし、そんな企業ってとてもじゃないけど、いい環境とは思えないし、七原くん自身も耐えれないと思うので、今のような生活が延々続くのは容易に想像できるはずです。

これは観る側としては、放送が減らないという意味で良いのですが、そのうち、このネタに飽きるでしょうし、最終的には、七原くん自身が配信できない生活環境に陥ると思う。

そうなった時はそうなった時ですが、現状、七原くんは放送すれば、かなりの人を集めれる配信者で、この人を集めれるってのは正社員という身分なんかより凄い価値のある事なので、配信で稼ぐという方向に舵を取れば良いと思う人はごまんといえるでしょう。

所謂、配信業ってやつです。

しかし、七原くんに配信業で稼ぐという考えがないので、筆者は遠く離れた若人の堕落を放送で楽しむ事に専念しようと思います。

大体、七原くんの放送を観る人は、ソレが目当てなんだと思います。

またまた老婆心ながら、裏で乞食してるのがバレて、炎上しないのを祈るばかりですし、そこまで生活に困窮したら、思い切って配信業に鞍替えしてほしいものです。

人の心配をしても何も生まれませんが、こういう人の何気ない人生模様から、自分の人生も考えれたり、社会を垣間見れるのが配信の楽しみ方の1つかもしれません。

それでは!