宅配宅急便の住所知られたくない。配達員は住所電話番号より価値のある個人情報を持っています

スポンサーリンク

ニッポンの個人情報 「個人を特定する情報が個人情報である」と信じているすべての方へ
アマゾンや楽天、メルカリなどのECショップの台頭により、宅配便・宅急便を頻繁に利用するという方は増えています。

そうした状況下で中には、配達伝票に書かれている自分の住所や電話番号などの個人情報が犯罪に使われたり、自分がトラブルに巻き込まれるのではないだろうか?と心配する人も居るでしょう。

過去には、こういった事件もあったりします。

上記の事件は本当に極稀な事件ですが、それでも可能な限り、多くの人に自分の個人情報は知られたくないでしょう。

ただ、宅配の従業員や業者側からしてみれば、貴方の住所や電話番号というのは価値ある個人情報でも何でもありません。

ただの文字の羅列と数字の羅列でしかなく、なんの価値もありません。

正直言って、忙しい宅配業界では、荷物がなければないに越した事がないので、貴方の個人情報は自分の仕事が増える項目でしか無いので、正直価値も何もありません。

ただ実は、宅配の人々は受け取る側や荷物を出す側の住所や電話番号よりもずっと価値のある個人情報を有していて、そっちの方が実は価値のある情報なのです。

その個人情報よりも価値のある情報とは一体何なのでしょうか?


住所や電話番号等の個人情報よりも価値のある情報とは?

個人の住所や電話番号よりも価値のある個人情報とは何か?というのは普通の人、もしくは、ただ受け取る側はあまり意識していない事です。

その個人情報よりも価値のある情報とは、貴方の家はいつ人が居なくて、いつから家に人がいるか?という情報です。

宅配をしている人間というのはどこの会社であれ、ほとんど同じ配達員が同じ町を回っています。

当然そうなれば、何百件という家の住所を知っています。

多くのドライバーは住所だけでその住所の住人の名前が出てきますし、逆に名前だけでその人の住所が言えるくらいです。

なんなら何処で働いているか?さえも知っていたりします。

これだけでも凄いと考える人は居るかも知れませんが、運ぶ側にとってはこんなのは凄いことでも価値のある事でもありません。

本当に凄く価値があるのは、その家or受取人は何時に家に居なくて何時に家に居るか?という事を把握している事です。

何故把握するのか?といえば、不在であれば無駄足になり、自分の仕事を増やすだけです。

そうなれば、当然1回で渡せた方が効率が良い訳で、そのように突き詰めていけば、ここの住人は

「朝は居る」「いつでもいる」「夜しか居ない」「いつ行っても居ない」

というように覚えるのです。

そして、この住人の在宅時間こそが個人情報よりも価値のある情報です。

スポンサーリンク

フォローする