【2020年最新】男女共にアトピー水虫デリケートゾーンにおすすめの無添加石鹸は?【人気】

スポンサーリンク

シャボン玉 バブルガード 本体 300ml
最近はポンプ式の液体石鹸を多く見かけるようになりました。しかし、従来の固形石鹸も根強い人気があります。

固形石鹸の人気の理由は、安く使用時に石鹸のいい香りを感じることが出来て、手洗い以外の洗濯など他の利用法があるのが要因でしょう。

そんな固形石鹸でも最近は無添加石鹸が人気です。

無添加石鹸が人気なのは、アトピー肌や敏感肌のデリケートな体質の方にも使える事が挙げられます。

そこで、今回は肌に優しく、アトピー水虫デリケートゾーンにも良い無添加石鹸を取り上げてみます。



無添加とは?

[Amazon限定ブランド] SOAP SELECT(ソープ セレクト) 無添加泡の石けんボディソープ 大容量 詰替え用 1450ml

そもそも無添加とはどういうことなのでしょうか?

最近の健康ブームからか無添加という言葉をよく耳にすると思います。

無添加食品、無添加化粧品等々・・・。

この無添加という言葉はその商品によって意味合いが変わってきます

食品に関しては、食品を製造・加工する際に使用する甘味料、着色料、香料、酸化防止剤等が添加物になり、これらの添加物を使われていない物を無添加食品と言います。

食品に「無添加」と表示されていると、上記の添加物を使っていない様に考えるかもしれませんが、実際は違う場合もあったりします。

化粧品に関しては石油から合成・作成された成分で、香料や防腐剤や合成界面活性剤などが添加物に該当し、これらを使用していないものが無添加化粧品にとなります。

しかし、近年新しく出来た成分もあり、それらの成分の中にはまだ安全が約束されていないものもあり、無添加化粧品に関しては、一般的な安全なイメージとは、少しかけ離れている現状もあります。

無添加=安心ではない

ある調査によると、無添加の意味を知らない人は71%もいたそうです。

このことから、多くの人が無添加=安心という風に考える人もいるかもしれませんが、実際はそうではありません。

添加物の代わりの物となる科学的な物質を化合している場合もあります。

よって、無添加という表示だけでなく、どの成分が無添加なのか、その代用品として何が使われているのか知る必要もあるようです。

固形石鹸はシャボン玉石鹸一択!

シャボン玉 浴用 石けん 100g×12個入(無添加石鹸)

さて、本題の無添加石鹸に関してですが、石鹸で無添加の物は、合成界面活性剤、合成着色料、防腐剤等の合成化学物質が入っていない石鹸の事を指します。

これらの合成化学物質が入っていないことにより、肌に負担なく、余分な皮脂だけを落とし、潤いを保つ、肌トラブルがあっても安心して使える利点があります。

では、世の中に数ある石鹸、特に無添加の石鹸でどれが良いかという風になるのですが、1番のおすすめはシャボン玉石けん です!

シャボン玉石鹸が正続する商品の特徴は

①ふわふわした弾力のある泡立ちが魅力
②汚れを洗い流した後も天然の保湿成分で肌がスベスベ

というのがあります。

このシャボン玉石鹸は日本最大の美容情報総合サイトの@cosmeでランキング第1位を獲得したり、無添加化粧石けんのシェア率No.1だったりでその評判と品質は確かです。

また、無添加石鹸の特徴を活かして、ベビーソープ等も販売しています。

子供向けの無添加石鹸も品揃えが豊富で、お子さんのアトピーに悩んでいる方も使用していますし、カユミや湿疹など全く出ないようです。

加えて、シャボン玉石鹸の個体石鹸は水虫にも効きます。

体質上、ミョウバンとの相性はよくない方にも好評で、なおかつ女性のデリケートゾーンにも使えるようで、ともかくリピーター続出の石鹸なのです。

筆者も家でシャボン玉石けんの固形石鹸を使用しているのですが、それとは別にシャボン玉石けんが販売しているバブルガードも使います。

感想としては、泡のまんま出てきて、さっと汚れを洗い流せるのが良いと思います。

シャボン玉石けんは石鹸だけではない!

実は、シャボン玉石鹸には、他にも無添加の洗顔やシャンプーやリンス、歯磨き粉等もあり、そのバリエーションは豊富です。

もし敏感肌や肌のトラブルに悩んでいる方や使っている人だけが知っている本当に良いシャンプーやリンスを探している方は一度シャボン玉石けんの商品を手にとって見ても損はないでしょう。

それでは!

スポンサーリンク

フォローする