【指定/勝手に】宅急便やAmazonの荷物の置き配は盗難・トラブルはあるのか?【バッグ】

スポンサーリンク

昨今の外出自粛の影響で宅急便の荷物が増加したり、ウイルス対策として大手宅配会社は人との接触を控えるような対策をしています。また、それを追うようにAmazonの置き配標準化されました。おそらく、指定もしていないのに勝手に荷物を置かれたと思った方も居るでしょう。

勝手に荷物を置かれたというのは、実はもうそれがアマゾンの基準となる配達方法なのです。

アマゾン/玄関への置き配を30都道府県で標準化

アマゾンは3月23日、30都道府県での配送方法の初期設定を、玄関先への「置き配」に変更した。

配送方法について、利用者からの意向がない場合、在宅でも留守でも玄関に商品が配達される。置き配を希望しない利用者は、注文画面を操作することで、対面での受け取りにも対応する。

対象はアマゾンが発送する商品で、置き配場所の選択肢は「玄関」のほか、「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」を選択できる。

アマゾンは、1月から東京や大阪、名古屋、札幌で置き配の実証実験を行い、置き配標準化の有効性を検証。その結果、50%の再配達削減を実現した。

アマゾンジャパンのジェフ ハヤシダ社長は、「アマゾンは、置き配指定サービスの初期設定が利用者による再配達の手間を軽減し、より便利に商品を受け取れることに加え、配送に関する社会的課題解決のために重要な役割を果たすと考えている。アマゾンは、引き続き利用者の声に耳を傾け、より利便性と安全性の高い配送と受け取りのサービスを提供できるよう努めていく」とコメントしている。

参照元:LNEWS

Amazonを取り巻く物流環境は日々進化しています。今まではヤマト運輸や佐川急便、ゆうパックがAmazonを持ってきていたが、ある日当然、アマゾン専門の配送業者(ADP)やアマゾンフレックスの業者さんが荷物を持ってくるなんていう話があります。

アマゾン(荷主)とそれを運ぶ側(運送会社)の関係は金額の問題だったり、様々な事情で色々変わりますし、多分、アマゾンに関しては今後も運んでくる業者なり運送会社は頻繁に変わるでしょう。

こうなっては、荷物を受け取る人は運送会社の選択を現状出来ないので、どこの誰が物を運んで来ても、自分が受け取れる体制を作った方が良いと考えた方が無難です。

具体的には、一回で荷物を受け取るようにし、再配達の連絡がつかないとか指定した時間外に持ってくるなどのトラブルを回避するという事です。

では、具体的には何をすれば良いのか?という話になるのですが、ともかく初期費用を抑えて、時間をかけずにこの問題を解決するには、置き配です。

置き配の認知度は低いが、コロナウイルスで需要が上がる

top.png

不在時に荷物を玄関前に置くという通称、置き配に関しては、本当に認知度が低くて、置き配を指示するとか了承するとかはマイナーな話です。

おそらく、置き配を知っている人の割合は100人に5人とか10人とかでしょうし、100軒中3軒とかかも知れません。今まで対面で荷物を受け取るというのが日本のサービスでしたし、宅配会社も荷物を預かって運んでいる以上、そんな事は表立って案内できませんでした。

しかし、アマゾンの置き配標準化とコロナウイルス対策として、これが一気に認知され始めたのです。

スポンサーリンク

フォローする