本当に喜ばれる入院時のお見舞いに持っていくと良い定番・人気の品物

スポンサーリンク

丸美屋 のりたま 業務用 250g

親族や友人や仕事の人が病気や事故で入院したら、お見舞いに行くというの人もいるでしょう。とりあえず、行くというだけでも相手に取っては十分なのかもしれませんが、行く側それだけでは忍びないというのが心情です。では、お見舞いの品として何かを持っていく事になるのですが、どういったものが実用的なのか?どういった品物が良いのか?をいくつか挙げていきます。

はじめに

お見舞いの品として服や日用品を持っていくというのを考えるかもしれませんが、そういう類の物は大概一緒に暮らしている人やより近い親族が用意するので、あまり良い品とは言えません。一般的にはタオルや本などが人気で無難なところですが、こういうのは退院時に荷物になるので、トータルで考えたら、控えた方は良いでしょう。そのように考えていけば、その入院期間でなくなるものや減り物が相手の負担にならないでしょう。ということで、ここから、減り物を中心とした見舞いの品物を挙げていきます。

ふりかけ

病院食はその入院している病院や患者の症状や具合によって違いますが、大概が患者の体調や栄養の事を考えた上で薄いものだったり味気ないものです。しかし、入院中の人からみれば、唯一の楽しみは食事です。そんな食事で、テンションが揚がらない時に役に立ち、食事のお供に良いのがふりかけです。ふりかけであれば、味気ない食事のアクセントになりますし、保存する場所に悩むこともありません。また、ふりかけはバリエーションが豊富なので、とりあえず、3.4種類そろえて持っていくのが良いでしょう。

イヤホン

ヤザワ ダイナミック密閉型片耳カナルイヤホン(ブラック)YAZAWA 片耳イヤホン ステレオプラグ コード:1m TMS1061BK

入院時、基本的には時間が嫌という程あります。その暇つぶしで活用できるのがスマホであり、タブレットです。普段からその様に活用している人もいるかもしれませんが、入院では、個室でない限り音の問題があります。その音の問題を解決するために、イヤホンが有効であり、これが凄く役に立ちます。特別、良いものでなくていいので、100円ショップなどで販売しているイヤホンで十分ですし、両耳よりは片耳イヤホンの方が良いです。

ウエットティッシュ

入院時、怪我や病気の種類にも依りますが、気安く手が洗えません。日常生活の中で、手を洗う回数は1日平均4回、5回と言われており、これが出来ないのは案外ストレスだったりします。そんな入院時の手が洗えないときには、ウェットティッシュを使います。ウエットティッシュは意外と量を使うので、大容量のものが良いです。

クオカード

お見舞い時に現金やお金を渡すというのも良いかもしれませんが、お金よりも活用できるのがクオカードです。クオカードなら、現金同様に病院の売店等で自身が好きなものを買えますし、現金で買い物をして小銭が貯まるよりも物の管理という面では非常に楽です。加えて、クオカードなら、コンビニなどで買うことが出来るため、どこでも買えるので時間がない人などには良いですし、見舞いの品物に悩まなくていいというメリットもあります。

遠い・遠方の人に見舞いの品物を渡す方法

ここまで、お見舞い品として喜ばれるものをいくつか挙げてきました。お見舞いに行くのは、基本的に顔をだすのが通例ですが、どうしてもそれが出来ない人もいるでしょう。例えば、仕事の都合で行けないとか子供が居るとか入院した人が遠方や遠くにいるなどの人です。

そういう人に見舞いの品物だけでも渡す方法があります。それが郵便やクロネコヤマトや佐川急便などに代表される有名な宅配の運送会社を利用することです。これらの運送会社は、届け先さえ確実に記載(例: 東京都文京区本郷7丁目3−1 東京大学医学部附属病院 505室 鈴木花子)さえすれば、病室の入院している人宛に荷物を届けてくれます。実際、今も入院している人が自身でネットで洋服や消耗品を購入し、自分が入院している病院の病室の本人宛に届けてもらうというような事をしています。これを活用すれば、気持ちだけでも贈ることが出来ます。

もし、お見舞いに行きたいが、時間や物理的に無理な方がいるなら、このような方法でお見舞いの品だけでも送るのも良いかもしれません。

それでは!