台車を買う際のポイント、載せれる量・大きさより大切なのは・・・

スポンサーリンク

日常生活の中で台車を使うことはほぼ無いと思いますが、倉庫仕事、運送仕事等で活躍するのが台車です。仕事の中で台車ほど人類の最大の発明は無い!!なんて多々思います。まぁ、正確には車輪ですけど。

で、業務用や静音や折りたたみ式等々たくさんあり、結局「どれが良いのか?」と悩むと思います。実際、わいも買う際にかなり悩み「ともかく、多く載せてタフなのかが良い」と考え購入しました。実際、Amazonの台車ランキングをみると軽量で大きくて安価な物が常に上位にいます。

上のAmazonを見ても分かるように3000円~4000円くらいのものが多く購入されているのがわかります。

しかしですね、実際使ってみると大きいのは考えものなのです・・・。載せれる量とか考えるべきではなかった。そこで台車を買う上で抑えておきたいポイントをあげてみます。

ポイントは収納力

ゼクソン 折り畳み台車 スーパーフラットキャリー SFK-99

わいは自分で買った大きい台車を使うのですが今にして思うことが有るのです。
「タイヤも取っ手も収納できて、収納力・スペースを取らない台車を買うべきだった」と。

台車というのはでかければでかいほど良いのに越したことはないですが、使わない時が意外にスペースを専有し、邪魔なのです。なんだかんだ1メートル位あるものが場所を専有するのですから。更に更に、この専有することを良いことに台車を物置代わりにする人もいます。これはこれで悪い使い方ではないと思うのですが、いざ台車を必要とする時にわざわざ載せているものを降ろして台車を使わなければならない。という自体になります。つまり、台車の移動力を潰して物置にしてしまい、手軽に運べるという利点を潰してしまうわけです。

こういう使わない時のスペース活用と台車を物置化しない、させないためにタイヤも取っても収納できる台車が良いのです!

で、仕事で使っているのがこのゼクソン 折り畳み台車 スーパーフラットキャリー SFK-99です。

これがかなーーーり有能でタイヤと取ってが畳めて、収納に便利!おそらく、7センチくらいまでの薄さになる!で、材質がアルミニウムなので、軽量で持ち運びに便利で耐久性に優れてます。耐荷重も120kgまでいけるそうで、50kg,60kgのものも楽々運べます。架台にも滑り止めのゴムがついており、に滑りの心配もありません。

このゼクソンの台車を使い始めてからわいがかったデカ台車が活躍していないくらいです。この台車の購入に関しては実際に使用したことがない時点で物を買うことによって、安物買いの銭失いをしたなーと思います。

この台車は7000円ちかく、しますが、それでも使い始めたらお釣りがくるくらいの活躍ぶりです。これから台車を購入しようと考えているからは是非この収納抜群のゼクソン 折り畳み台車 スーパーフラットキャリー SFK-99をお勧めします!

それでは!

スポンサーリンク

フォローする