花見シーズン到来!花見必需品のブルーシートのサイズと人数の目安一覧!

スポンサーリンク

4月は新入社員や新入生歓迎のイベントが多くの会社や学校であります。この時期の歓迎会として行われるのがお花見です。桜を観ながら盛り上がるというのがこの時期の定番であり、夜桜を観ながらの一杯は格別でしょう。その際に必需品となるのがお花見やレジャーで大活躍のブルーシート。ここでイベントの幹事を任された人が悩むことあります。それがお花見の人数に適したブルーシートのサイズです。

「5人や少人数で座るブルーシートはどのサイズ?20人ならどれくらいのサイズが良いの?」

「薄手と厚手とあるけど、どっちが良いの?」

と悩むことも有ると思います。

そこで、今回は人数に適したブルーシートのサイズを紹介していきます。また、ブルーシートの厚さの種類や感想も紹介していきます。

一人あたり0.9m×0.9mが目安

お花見やレジャーをするにあたって、一人あたりの面積は0.9m×0.9mあれば窮屈に感じないスペースです。また、市販されているブルーシートは0.9m毎のサイズで販売されています。1.8m×1.8m、1.8m×2.7m、2.7m×2.7m、2.7m×3.6m、3.6m×3.6m….というように0.9m間隔で販売されているのです。

よって、ブルーシートの一番小さい規格の1.8m×1.8mでゆったり座れる人数は2人と考えて貰えれば良いと思いますし、4人なら3.6m×3.6m、7人~8人まででゆったり座りたいなら3.6m×5.4mを購入すれば良いでしょう。

また、10人程度なら5.4m×7.2mがゆったり座れるブルーシートになりますし、20人までなら少々窮屈になりますが、10m×10mを買うのが良いでしょう。

人数とサイズの目安

ブルーシートサイズ:  1.8m×1.8m=2人

ブルーシートサイズ:  4.5m×4.5m=5~6人

ブルーシートサイズ:  3.6m×5.4m=8人

ブルーシートサイズ:  5.4m×7.2m=10人

ブルーシートサイズ:  10m×10m=20人まで

余談ですが、この表示サイズは実寸ではなく、目安サイズなので、買って実際図ってみたら、小さい!という事がありますから、その点は注意して下さい。(商品自体にもその趣旨が記載されています。)また、ブルーシートには何故か8m規格が無く、7.2m×7.2mの次が7.2m×9mとなっているので、8mサイズが欲しいと考えている方は購入の際にはその点を留意した方が良いでしょう。

迷ったら3.6m×5.4m!そのワケは?!

ここまで一人に必要なスペース、人数に応じたブルーシートのサイズを紹介してきましたが、ブルーシートで1年平均して一番売れているのが3.6×5.4です。これはブルーシートの一般的なサイズという事もあるのですが、3.6m×5.4mは各種レジャーや現場仕事で多く使用されていると背景もあります。

よって、花見で多くて10人程度が来るだろうみたいな時はユーティリティの高い3.6m×5.4mを購入すれば良いですし、花見終了後もこのサイズはいざという時役に立つサイズなので保管しておくのも良いでしょう。

薄手と厚手どっちがおすすめ?

ブルーシートには薄手と厚手のものが存在します。厚さを表す基準として#○○○○(例:#3000)と表記されていますし、この数値が大きければ大きいほどブルーシートに厚みがあることを示しています。実際の所はこの#は標準サイズのブルーシートのサイズ3.6m×5.4mでの重さ(#3000の3.6m×5.4mは3kg)を表しているのですが、購入の際の厚さの目安にしてもいいと思います。

肝心の座り心地や感想に関してですが、当然薄手の物より厚手の物がいいです。仕事でブルーシートを扱っていたこともあるのですが、ホームセンターでの品揃えの多さや触った時の感覚を総評すれば、#3000を一番多く見かけますし、しっかりとした厚みもあります。これなら、地面に引いて座っても、湿気で濡れることもないだろうなって厚さでしたし、耐久性も全然違います。

よって、花見等で座る事を目的にするなら#3000をおすすめします!

まとめ

ここまで花見で使うブルーシートのサイズの紹介や感想を紹介してきました。このブルーシートというのは結構な優れものでお花見に限らず、近年の災害の多さを考慮して、防災グッズの一個として購入されている方もいます。お花見で使ったブルーシートを捨てずに防災グッズとして保管しておくのも賢い手かもしれません。

それでは!