【2020年最新】台風豪雨時車の避難場所や水没や飛来物の対策は?【垂直避難イオンパチンコ】

スポンサーリンク

3M スコッチ ダクトシールテープ 48mm×27m DUCT-27
暑い夏が過ぎて、体力的なきつさから開放されたと思ったかと思えば、次は毎年9月から10月にかけて強風や大雨の台風が日本列島を襲います。

暑い夏の前には6月から7月の間には局地的な豪雨や大雨などもあり近年こういった災害が多く発生しています。

これらの災害の多発から多くの方の防災意識が高まっており、様々な対策が施されています。

具体的には食料品の買いだめ、スマホのモバイルバッテリーの購入、窓やガラスにガムテープ貼る等々…です。
写真 2020-09-06 7 51 13.jpg

豪雨は台風のように予想がし難く、突発的である為に事前の対策が難しいのですが、台風に関しては、予報の正確性が向上した事もあり、台風が来ると分かった時から、多くの方は買い溜めをします。

朝からホームセンターやスーパーに行って、水に食料、ガスボンベにベニヤ板、懐中電灯に電池等々買い占めており、売り切れに次ぐ売り切れというのは多くの人が体験しているでしょう。

災害から命を守るというのは大切ですが、それと同時に台風や豪雨が過ぎ去った後に、いかに早く日常に戻るか?というのも大切でしょう。

本当はそっちも考えなければならないのですが、多くの方は目の前の事に必死になります。

そんな日常に素早く戻るために必要なのもの1つが車であり、災害の対策では車の避難も重要です。

車が台風で横転しました、水没しました、破損しました、動きませんでは”災害のその後”に戻るまで遅れが出ます。

という事で、台風や豪雨で車をどこに避難させれば良いのか?というのを紹介してみます。


王道は垂直避難!立体駐車場が最新の安全な避難場所!

台風の時の車の避難、突発的な豪雨の避難場所で有効なのが立体駐車場です。
img_parking.jpg
車の避難場所で有効なのが垂直避難という方法でこれに該当するのが立体駐車場です。

最近は大型スーパーやショッピングモールも多く、よほどの郊外や都心部で無い限り、車で15分20分くらいの所に立体駐車場を有している施設があります。

避難時いつから混雑するのか?

車の避難は多くの方が考えることで、台風や豪雨が近づけば近づく程、多くの方が垂直避難をします。

ですが、いつから混雑するのか?というのは分からない所だと思います。

筆者の経験上、台風接近の1日前(24時間以内)から多くの立体駐車場で満車となります。

それは多くの方が台風が来ると分かった時点(大体2.3日前)車で買い溜めを行い、それが終わってから避難するからであり、それが1日前なのです。

筆者は日々の生活でどーしても車が必要な事から、車の避難をいの一番(正確には台風最接近の2日前)にしたのですが、その時点では特別混雑している事もなく、むしろガラガラでした。

しかし、1日前強いては12時間前に駐車した立体駐車場の前を通った時、その立体駐車場は満員となっており、外は渋滞していました。

このような経験から混雑するのは1日前であり、混雑を避けてスムーズに車の避難を考えるならば、最低でも台風最接近の36時間前に避難させるのが良いでしょう。

スポンサーリンク

フォローする