【2020年最新】マッサージ師直伝!グッズを使わず就寝時足ふくらはぎの疲れむくみの解消法

スポンサーリンク

こむら返り克服! 整形外科専門医が教える最新最強 ふくらはぎ強化大全 ~夜中にピキーン! あいたたた! 脊柱管狭窄症 椎間板ヘルニア 糖尿病で多発! 足がつる人ご覧ください。~ ([バラエティ])
10代20代では、毎日運動しても遊び回っても、翌日に疲れを感じる事もなかった人はたくさん居るでしょう。

しかし、30代40代となれば、ちょっとした運動や日々の生活だけで疲れを感じる様になります。

それが翌日に解消されれば何も問題がないのですが、次の日でも疲れが取れない・解消されないという方は多いでしょう。

そんな疲れを一番感じる部分が足やふくらはぎなどの下半身です。

体を使う仕事はもちろんのこと、事務のような座り仕事でも

「夕方には足が重くなり靴がキツイ」「足がパンパンで体が重だるい」

とか

「歩く度に足が痛く違和感がある」「ふくらはぎが痛い」

と感じる方も多く、特に近年は、多くの女性にこの症状がみられます。

これは世にいう足のむくみや疲れ、ふくらはぎがパンパンという表現で、多くの方が悩んでいます。

そこで、筆者が最近流行りのもみほぐしのマッサージ師から聞いた、専用グッズなどを使わず就寝時に出来る、足ふくらはぎの疲れむくみの解消法を紹介します。


就寝時に疲れ・むくみを取るには足を少しあげる高くして寝る!


就寝時も足の疲れむくみを取る方法として、有効なのが足を少し上げて寝ることです。

仕事中は同じ体勢や同じ姿勢が続くことから、足元に血液が溜まりやすく、それが足のむくみや疲れの原因となります。

従って、就寝時に足を少し高くして寝れば、血行が良くなり、足元に溜まった血液を心臓に戻す効果が期待できます。

これをすることで疲れが取れ、就寝時にこむら返りをする、足がつるといった事がなくなり、翌朝には足の疲れが改善できます。

血行改善グッズも発売され人気!しかし枕やバスタオルで代用出来る!

今は就寝時に足を上げて血行を良くするグッズもあります。

一般的には足枕とかフットピローと言われるものです。

足枕の方がしっかりした商品であるため、疲れ解消には効果に期待できます。

足の疲れやむくみの解消法としては、こういうグッズがあった方が良いのですが、普段使わない枕やクッションでも応用できます。

また、寝返りや就寝時に枕から落ちる事も考えれば、バスタオルやタオルケット等の幅の広い物を足元に広げて、重ねて使用するという選択もあります。

これであれば、専用グッズを購入する必要もなく、寝ながら足やふくらはぎの疲れむくみの解消が出来ます。

実際、筆者もマッサージ師からこの話を聞いてからというもの、就寝時に毛布を丸めて、足元に置いて寝ています。

これでも十分に効果が期待できるので、お金をかけずに無料で足ふくらはぎの疲れむくみの解消が来出ます。

とにかく、グッズが来るまで何とかしたいという方は、バスタオルなどを使用するのをおすすめします。

スポンサーリンク

フォローする